通信販売に関する法律

今では通信販売ビジネスの市場は、4兆円を超えると言われています。
自宅にいながらあらゆる商品のショッピングを楽しむことができる通信販売は、多様なライフスタイルが増えた今の時代に非常に受け入れられているのです。  

しかし実際の商品を見ない状態で購入するという特徴から、通信販売は販売業者と消費者の間にトラブルが起こりやすいビジネス形態だともいえます。
そのため、さまざまな法的な取り決めがされているのです。  

具体的には、通信販売は、不当景品類及び不当表示防止法、いわゆる景品表示法をはじめとする、商取引に関する一般的な法律の適用を受けています。
加えて、特定商取引法の適用も受けています。
さらに販売する商品に限らず、通信販売ビジネスを手がける業者などに関しても各種情報の表示が規定されているのです。  

通信販売ビジネスの状況やトラブルに応じて、法律は改正されていきます。
消費者に関わる改正もあるので、改正内容はきちんと把握しておきましょう。  

通販