通信販売ビジネスの歴史

通信販売

日本で通信販売ビジネスが台頭したのは戦後のことです。
雑誌広告を用いた通信販売でラジオ受信機を製作するための電子部品が発売されたり、大手百貨店が通信販売ビジネスに参入したりしたことから、通信販売ビジネスはひとつの産業として確立されるようになりました。  

通信販売ビジネスは、雑誌広告や新聞広告などを用いた手法から始まり、メディアの発展に伴って、成長していったビジネスです。
1960年代にはカタログを用いた通信販売のスタイルが登場し、1970年代頃からはテレビやラジオでの通信販売が始まりました。
1980年代の後半からは、それまで専業主婦が多かった女性が働くようになり外での買い物の頻度が減ったことや、宅配便などのサービスが発展したことを受けて、よりいっそう通信販売ビジネスは発展していきました。
そして1990年代以降は、インターネットの浸透によってますます発達するようになったのです。  

現在では生鮮食品から各地方の名産品、パソコンなどの大型電気製品、家具など、多種多様な商品が通信販売にて流通しています。