ルール

通信販売

通信販売には、さまざまなルールがあります。
まずメディアを使って商品を紹介する際には、次のことを明記しなければいけません。  

商品の販売価格、送料の有無、代金や送料以外に負担すべき金銭の有無、代金の支払時期と支払方法、商品の引渡時期、返品の特約に関する事項、販売事業者の名称と住所および電話番号です。
状況に応じて、申込における有効期限、瑕疵責任に関する注意事項、特別の販売条件などを記載している場合もあります。  

通信販売を利用する際には、きちんと記載内容を確認することが大事です。
ただし広告内に「請求に応じて必要事項を記載した書面を交わすか電磁的記録を提供する」という趣旨の記載があれば、省略できる項目があります。  

ちなみに広告内に「通信販売法に基づく表示」と書いている広告があります。
しかし厳密には「通信販売法」という法律は存在しません。
正式名称は「特定商取引に関する法律」で、その公的な通称や略称は「特定商取引法」や「特商法」です。