買った物がもし気に入らなかったら

通信販売

通信販売は、購入する前に実際の商品を見たり触ったり試したりすることができません。
そのため、購入してみたらイメージと違っていた、サイズが合わなかったというような場合があります。  

通信販売ビジネスを手がける業者の中には、返品制度を設けていることが多いです。
返品は、購入後の一定の期間内に申し込みをしないと受け付けてもらえない場合がほとんどです。
購入した商品が届いたらすぐに試してみて、返品しないで良いか確かめましょう。
返品することになったら期限や制約などを確認することが重要です。  

商品や広告に返品に関する特約が明示されていない場合は、商品を受け取った日から8日以内であれば返品できます。  

ただし、通信販売には法律上クーリングオフの規定がありません。
通信販売は、訪問販売や電話勧誘販売とは違い、消費者が能動的に購買しているため、クーリングオフの対象外になるのです。  

返品の可否、返品を受け付ける期限、返品の送料の負担については、業者の判断になります。
つまり通信販売の事業者側がガイドラインに従って返品特約を明示していれば、返品できない場合もあるのです。