デメリット

通信販売

通信販売のデメリットは、注文した商品がイメージ通りでない場合があること。
通信販売ビジネスは、テレビやラジオ、カタログ、新聞、インターネットなどで商品を見て注文することになります。
実際に商品を手に取り確かめることができないため、商品が届いたときには期待していたものと違う場合があります。  

たとえば色合い、質感、手触りなどは、広告だけでは正確に判別しにくいものです。
しかし微妙に色合いや質感が異なる程度では、大きな問題として取りざたできないでしょう。
特に色合いや質感、手触りなどは個人の主観によるので、広告と違うということを立証しにくいのです。
明らかに商品が広告と異なる場合でなければ、問題は認められにくいのが現状です。  

商品を返品することもできます。
ただし、返品に関する規約は販売業者が自由に設定することができるので、購入者側の期待通りに返品できない場合もあります。  

もし販売業者が意図的に注文された商品とは異なる商品を発送している場合は、詐欺に値するので要注意です。