ブーム

通信販売

通信販売が特にブームになったのは、1980年代の後半以降。
1980年代の女性の社会進出が大きな影響を与えています。
外で働く女性が増えることによって、それまでのように外での買い物時間を取れなくなったことから、通信販売ビジネスは飛躍的に伸びていったのです。  

さらに、日本全国における高速道路の建設や、宅配業者の増加および全国ネットワーク化などの運輸条件が整ったことから、宅配便サービスが成長していきました。
そして遠方の商品でもすぐに購入者のもとに届けられるようになったことで、通信販売は成長していったのです。  

通信販売といえば、すぐに思いつくのがインターネットによる通信販売でしょう。
最近では携帯電話でのインターネットにおける通信販売が、伸びています。
とはいえ、消費者層や商品によっては、新聞、テレビ、ラジオ、雑誌などでアピールしたほうが、購入率の高まる場合もあります。  

今では年代、性別を問わず、多くの人が通信販売を利用しています。
長引く不況の影響により家で過ごす人が増えたことも、通信販売ブームを後押ししています。